夜のお仕事は女性の味方

お酒の作り方もマスターできるバイト

気になるキャバクラ求人を見つけたときバイトしてみたいなって単純に思いました。時給も高いし求人の内容としてはピカイチで女の子だからこそできる高給取りみたいな印象だったんです。キャバクラのバイトなんてしたこともないしお酒も飲んだこともないので作り方もわからないまま面接とかしたんですけど、意外ととんとん拍子で進むことができました。私の場合はお酒を作ったことがないのでその部分から教えてもらいました。水割りなんて映画やドラマでしか見たことがなかったんですけど何回か作っていくと意外とできそうな感じがしてました。スタッフの対応も親切で、灰皿の取り換え方やおしぼりの渡し方なども教えてもらえたので体入のときは結構一生懸命やりましたよ。そのかいあって本入店できました。今もがんばってバイトしているんですけど入店したばかりの時に比べるとお酒の作り方も上手になったと思いますし、さっとハンドサインで灰皿などを取り換えられるようになったと思います。

しっかりと続けていきたいです

一人ひとりの接客方法を変えることによって私はキャバクラでのアルバイトで上手くいっていると思っています。やっぱり接客業をしているのでお客さんを喜ばせたいという思いは間違いなくあります。一人ひとりの対応をしっかりとしたいと思っていますが、最初は何をしたら良いのかが全く分からないと思います。だからこそしっかりとした対応をしたいんですが、中々難しいんですよね。楽しい時間を少しでも過ごしてもらいたいからお客さんが何を喜ぶのかを考えてサービスをしています。求人を見てなんとなく働き始めたのが今回の仕事なんですが、結構アルバイトだろうがしっかりとした意識で働かないといけないのが良く分かりました。色んな人が結果を出していますが、そうなるためにはやっぱりキャバクラで働いているということをしっかりと自覚しなければいけないですね。色んな求人をみてこのお店を選んでいるわけですからしっかりとした対応をしていきたいものですね。